headband

モバイルルーターって1日持ち運べるの?

モバイルルーターは小型の端末ですから、簡単に外に持ち運ぶことが可能です。

それはモバイルルーターの利点なのですが、その時悩むのが、「バッテリー」についてではないでしょうか?

今のモバイルルーターは大分バッテリーの状況が変わってきて、概ね10時間程度の連続使用が可能です。

とはいっても、モバイルルーターで複数の端末を同時にネットに接続させる場合、やはり、電池の消費は速くなります。

よって、使わない端末の電源を落としたり、Wi-Fi接続をOFFにしておくなどの工夫が必要です。

その他にもモバイルルーターの電池の持ちをよくする方法はいくつかあります。

それを見ていきましょう。

Wi-Fi接続を切ってしまうことがおススメ?

モバイルルーターとPCやスマホ端末のWi-Fi接続を切ってしまうと、バッテリーの消費を抑えることができます。

実はモバイルルーターのバッテリーを食うのは、ネット端末とのWi-Fi接続なんです。

Wi-Fi接続していると、全く通信を行っていなくても、通信を行っている時と同じくらいバッテリーを消費してしまいます。

なので、Wi-Fi接続を切ることが1番良いのですが、どうやるのがベスト何でしょうか?

Wi-Fi接続をきるなら、こんな方法がおススメ

Wi-Fi接続を切るために、最も簡単な方法は、モバイルルーターを休止状態にすることです。

多くのモバイルルーターは電源ボタンを長押しするだけで、休止モードに移行する機能があります。

休止モードの間は、Wi-Fiの接続がカットされるので、飛躍的に電池の持ちがよくなります。

また、使いたいときは、再び電源ボタンを長押しするだけで、通常のモードに戻り、Wi-Fiがつかえるようになります。非常に簡単な方法なのでおススメです。

モバイルルーターを省電力モードにする

現在発売されているモバイルルーターの多くには、「省電力モード」という省エネのモードがついています。

これを使うと、端末が自動的に電池の持ちをよくするために、稼働してくれるので便利です。

pagetop
Copyright(C) 2012 モバイルルーター使い放題を探してみた All Rights Reserved.