headband

良い点ばかりではないのが、モバイルルーターです。

どこでも気軽に持ち運べるのがモバイルルーターの利点です。

やはり、今の時代、自宅だけでなく、外出先や旅行先でもネット接続は必須。

調べものをするのにも便利ですし、なくてはならない存在ですね。

そんなモバイルルーターですが、やはり、良い点ばかりではありません。

もちろん、デメリットとなるポイントも多々あるのです。

まずはそちらを見ていきましょう。

室内だと使いにくい?

モバイルルーターは基本的に外で使うことをメインに考えられているので、外出先での利用には強いですが、室内ではやや回線が不安定になることがあります。

とくにWiMAXは通信速度を上げた結果、電波が直進性の高いものとなり、壁や床などの障害物のある環境に弱くなっているのです。

よって、モバイルルーターを室内で使う場合は、なるべく屋外に近い場所で使う。(例えば窓際など)これが鉄則になります。

快適に室内でもモバイルルーターを使うために、置き場所には気を配りましょう。

データ量の上限がある

多くのモバイルルーターのプランには月間のデータ量の上限が決められています。

概ね1カ月で7GB以上使うと、通信の制限が入り、ネットの接続が困難になるのです。

特に、動画を観たり、ゲームをしたりすることが多い方は要注意。

知らず知らずのうちにデータ量を消費していて、突然通信制限を食らうということもあり得ます。

このようなことにならないためには、WiMAXの「ギガ放題」、Y!mobileの「アドバンスオプション」などの、データ量の上限がない、実質無制限のプランに加入することをお勧めします。

とはいっても、この無制限のプランにも3日で3GB以上使うと、通信の制限が入るので、注意しましょう。

現在のところ、完全に無制限で使えるプランがないことがモバイルルーターのデメリットと言えます。

すべての場所で使えるわけではない

モバイルルーターは使うキャリアによっても違いますが、全国すべての地域で使えるわけではありません。

特に山間部のトンネル内や新幹線での利用はできないことが多いので要注意です。

また、地方に行くと使えないケースも考えられるので、あらかじめ、対応エリアを把握しておくことが推奨されます。

pagetop
Copyright(C) 2012 モバイルルーター使い放題を探してみた All Rights Reserved.